【アショカ・サポート・ネットワーク(ASN)の歴史】

2006年、当時パリのマッキンゼーコンサルティング代表だったオリヴィエ・カイゼールがアショカのビジョンに共鳴し立ち上げたサポートグループ。以来、ドイツと英国にも発足。メンバ ーは、多忙なビジネ ス起業家やコンサルタントが多いにも関わらず、毎月2度集まりアショカのリソースを活用し、社会をより良くするための活動に役立てている。

 

【会員資格】

1. アショカが目指す「Everyone a Changemaker (誰もがチェンジメーカーである)」世界を一緒に築く想いと意志があること。

2. 人種、財政、教育、性別、年齢、障害が有無の違いを超えて、本質で人と人が関わるネットワークであることを理解していること。

 

【年会費】

10,000€ または 10,000米$

 

【メンバー】

25か国350人以上(2020年1月現在) 参考:パリ98人、UK49人、ドイツ50人

 

【ASNメンバーになると】

日本および世界25か国約350人のメンバーとの交流や、各国で行われる集まり・イベントへの参加資格が得られます。また、アショカ・フレンズ(AF)*の資格も同時に得られます。

 

【*アショカ・フレンズ(AF)】

2015年、アショカ・ジャパンの活動サポートを目的として発足したグループ。2020年1月現在、ビジネス起業家、社会起業家、弁護士、投資家など11人のメンバーから成る。会員資格はASNと同じ。日本で開催されるアショカ関連のクローズドおよび公開イベント・集まりへの参加資格が得られます。

 

【年会費】

オレンジ会員(35才以下):1口 ¥100,000〜

ブルー会員(36才以上):1口 ¥300,000〜

 

ASNおよびAFに関して、詳しくは japan@ashoka.org までお問い合わせください。